Warning: The magic method InvisibleReCaptcha\MchLib\Plugin\MchBasePublicPlugin::__wakeup() must have public visibility in /home/c4858605/public_html/mamenome.com/wp-content/plugins/invisible-recaptcha/includes/plugin/MchBasePublicPlugin.php on line 37
ガス主任供給・地震〇✕クイズ - まめのめブログ

ガス主任供給・地震〇✕クイズ

ガス主任

高圧導管の耐震性評価において、レベル1地震動に対する直管の接合部や異形管部の許容ひずみは3%である。

解答
✕ ✕3% 〇1% レベル2は3% p272

中低圧導管は、地盤変異吸収能力と設計地盤変異を比較することで、耐震性を評価する。

解答
〇 p273

ガス防災支援システムは、大規模地震発生時に早期復旧のため、国、ガス事業者が被害情報、復旧活動に必要な情報の共有を図るものである。

解答
〇 p280

単位ブロックとは、供給停止した地域内のガスの復旧作業を効率的に実施するため、供給停止ブロックをさらに分割して得られるブロックをいう。

解答
✕ ✕単位ブロック 〇復旧ブロック p281

移動式ガス発生設備には、空気吸入式、圧縮ガス式、液化ガス式がある。

解答
〇 p283

高圧導管の液状化に対する耐震性評価において、終局限界状態とは、その限界を超えると導管が機密機能を失い、設計の目的とする耐震性能を確保できなくなる状態をいう。

解答
〇 p272

地盤変異吸収能力を実験により求める場合、配管系に変形が生じる時の地盤変異がその値となる

解答
✕ ✕変形 〇漏洩 p273

中圧導管被害の一つの要因となる非裏波溶接とは、溶融した金属が溶接した面の裏側まで溶け込んでいないものをいう。

解答
〇 p274

供給停止ブロックには、「単位ブロック」と、いくつかの単位ブロックを一括して供給停止するための「統合ブロック」がある。

解答
〇 p277
10

移動式ガス発生設備のうち、圧縮ガス式は、低温用容器に充填された熱量調整・付臭済みの液化天然ガスを気化して供給する方式である。

解答
✕ ✕圧縮ガス式 〇液化ガス式 p283
11

移動式ガス発生設備による臨時供給や、LPガス等の代替熱源の提供を可能な限り速やかに実施するため、通常時から重要施設をリストアップしておく。

解答
〇 p283
12

液状化に対する高圧導管の耐震性は、応答変位法により管体に生じるひずみを算出し、許容ひずみと比較して評価する。

解答
✕ ✕液状化に対する高圧導管の耐震性 〇高圧導管の耐震性p272
13

低圧導管の被害は、「中低圧ガス導管耐震設計指針」策定以前に設置されたねじ接合鋼管で多く発生しているため、耐震性の高いポリエチレン管への入れ替えが有効である。

解答
〇 p275
14

中圧の復旧と低圧の復旧は連携を取る必要があり、中圧の復旧は低圧への送出源となるラインを優先する。

解答
〇 p282
15

供給停止判断は2段階で行い、特例措置を除く第1次緊急停止判断は二次災害防止を最優先として地震発生後の被害情報に応じて実施する。

解答
〇 ✕第1次 〇第2次 第1次緊急停止判断は地震発生直後 p278
16

応答変位法は、地下構造物の耐震設計を行う際に一般的に用いられている方法である。

解答
〇 p272
17

ガス専焼発電設備は、ガス製造設備の出口から自家発電設備までの導管の耐震性評価を行い、所定の評価委員会での認定を受けることにより適用可能となる。

解答
〇 p275
18

設計地盤変位は、標準設計地盤変位に口径と埋設条件の組み合わせによる補正係数と地域別の補正係数を乗じて求められる。

解答
✕ ✕口径 〇管種 p273
19

架管、橋梁等における露出部の耐震設計を行う場合は、道路橋示方書に準拠して設計震度を設定し、それに基づき管体に発生する応力やひずみを算出して耐震性を評価する。

解答
〇 p273
20

建物内のガス配管の耐震性を向上させるには、ガス配管の支持固定が重要な要素となる。

解答
〇 p273
21

高圧導管の耐震性評価にあるレベル1地震動とは、ガス導管の供用中に1~2回発生数る確率を有する一般的な地震動を想定したものである。

解答
〇 p272
22

供給停止判断のため、ねじ接合鋼管の被害と相関が高い最大加速度の計測可能な地震計を統合ブロックに1台設置した。

解答
✕ ✕最大加速度 〇最大速度値 p277
23

SI値は地震による一般的な建物(ビル)の揺れの大きさを評価する指標であり、加速度の単位カイン(cm/s2)であらわされる。

解答
✕ ✕加速度の単位カイン(cm/s2) 〇速度の単位カイン(cm/s) p277
24

断層の中で、最近の地質時代に繰り返し活動し、将来も活動することが推定される断層を活断層といい、自身の引き金となりえるものである。

解答
〇 p274
25

移動式ガス発生設備には、空気吸入式、圧縮ガス式、液化ガス式がある。

解答
〇 p283

最後に

おはようございます!

まめのめです。

ガス主任技術者試験・供給・地震の過去問を〇✕にしました。

解答のpは公式テキストのページを示します。

ガス主任の勉強用の記事はほかにも公開しております。
以下のリンクからご覧になれます。

計算問題対策:供給計画

ガス主任リンク

ここまで読んでくださりありがとうございました。

ありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました