【ビジネス会計2級】株主資本等変動計算書〇✕クイズ2

ビジネス会計
1

株主資本等変動計算書は、貸借対照表の純資産の部の位置会計期間における変動額を表示する計算書である。

解答
2

株主資本等変動計算書は、前期の損益計算書と当期の損益計算書をつなぐ役割を果たす。

解答
✕ 当期とつながるが前期とはつながらない
3

株主資本等変動計算書に表示される資本金の期末残高は、貸借対照表に表示される資本金の金額と一致する。

解答
4

株主資本等変動計算書では、親会社に帰属する当期純利益は利益剰余金に加算される。

解答
5

株主資本等変動計算書は、株主資本に属する項目については変動事由ごとに金額を表示するが、それ以外の項目については変動額を純額で表示する。

解答
〇 「株主資本」と「等」
6

以下は株主資本の変動事由か。

繰延ヘッジ損益
解答
✕ 貸借対照表→その他の包括利益累計額
非支配株主持分
解答
〇 貸借対照表の一項目
自己株式の取得
解答
〇 控除
新株の発行
解答
〇 資本金・資本準備金増
新株予約権の発行
解答
✕ 株主資本とは独立
剰余金の配当
解答
〇 剰余金減

最後に

おはようございます!

まめのめです。

ビジネス会計検定試験2級の「株主資本等変動計算書」に関する問題を〇✕クイズにしました。

暗記にはアウトプットが大事なので、〇✕クイズは有効です!

ビジネス会計検定試験対策の他の記事は、以下のリンクからご覧いただけます。

キャッシュ・フロー計算書

ビジネス会計リンク

ここまで読んでくださりありがとうございました。

ありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました