【ビジネス会計2級】貸借対照表〇✕クイズ2

ビジネス会計
1

貸倒引当金は、負債性引当金である。

解答
✕ 貸倒引当金は評価性引当金
評価性引当金:資産価値減少の可能性を資産から控除
負債性引当金:費用・損失発生の可能性を負債として認識
2

引当金は、その金額を合理的に見積もることが可能である。

解答
〇 区分に応じて算定方法あり
3

資産除去債務の貸借対照表価額は、該当する資産の取得原価である。

解答
✕ 将来除去に必要な金額の現在価値
資産除去債務:有形固定資産を将来除去する義務
4

投資損失引当金は、負債性引当金に該当する。

解答
✕ 投資損失引当金は評価性引当金
5

以下は有利子負債に該当するか。

支払手形
解答
買掛金
解答
短気借入金
解答
未払い法人税等
解答
社債
解答
長期借入金
解答
退職給付引当金
解答
資産除去債務
解答
繰延税金負債
解答
6

社債の額面額とは異なる金額が、社債の貸借対照表価額となることがある。

解答
〇 調達額が異なる→減価償却法
7

リース債務として貸借対照表に計上される金額は、リース料総額である。

解答
✕ リース料総額-利息相当額

8

株主となるものから払込みを受けた金額のうち2分の1を超えない額は、資本金に組入れず、その他資本剰余金とすることができる。

解答

✕その他資本剰余金
〇資本準備金

9

自己株式処分差益は、損益計算書の特別利益に計上される。

解答
✕ 自己株式処分≒株式発行のため資本剰余金

10

自己株式は、期末時の時価が貸借対照表価額となる。

解答

✕期末時の時価
〇取得価額

11

新株予約権は、株主資本の算定にあたって控除項目として表示される。

解答
✕ 新株予約権は純資産の部で株主資本と並列

12

新株予約権には、ストック・オプションによって付与されたものも含まれる。

解答

ストック・オプション:社員が定額で自社株式購入する権利

最後に

おはようございます!

まめのめです。

ビジネス会計検定試験2級の「貸借対照表」に関する問題を〇✕クイズにしました。

暗記にはアウトプットが大事なので、〇✕クイズは有効です!

ビジネス会計検定試験対策の他の記事は、以下のリンクからご覧いただけます。

貸借対照表3

ビジネス会計リンク

ここまで読んでくださりありがとうございました。

ありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました