【ビジネス会計2級】企業会計の制度〇✕クイズ

ビジネス会計
1

発行市場における主な開示書類には、内閣総理大臣に提出する有価証券届出書と、投資者に直接交付する目論見書がある。

解答
2

有価証券報告書及び内部統制報告書は事業年度終了後2か月以内に、四半期報告書は原則として各四半期終了後30日以内に提出しなければならない。

解答

✕2ヶ月、30日
〇3ヶ月、45日
3

有価証券届出書、有価証券報告書には財務諸表が含まれるが、目論見書には財務諸表は含まれない。

解答
✕ 目論見書にも財務諸表は含まれる
4

四半期連結財務諸表を開示する場合には、四半期財務諸表を開示する必要はない。

解答
5

発行市場における主な開示書類には、有価証券報告書、四半期報告書及び臨時報告書がある。

解答

✕発行市場
〇流通市場
6

臨時報告書は、企業内容などについて発生した重要な事実であって、特に投資者に対して適時に開示を要する事項が生じた場合に提出しなければならないものである。

解答
7

以下は金融商品取引法により開示が要求されているか。

連結包括利益計算書
解答
連結株主資本等変動計算書
解答
連結注記表
解答
連結貸借対照表
解答
連結キャッシュ・フロー計算書
解答

解説
連結財務諸表では以下が必要
・連結貸借対照表
・連結損益計算書
・連結包括利益計算書
・連結株主資本等変動計算書
・連結キャッシュ・フロー計算書
・連結附属明細表

8

以下は会社法上の連結計算書類に含まれるか。

連結包括利益計算書
解答
連結株主資本等変動計算書
解答
連結附属明細表
解答
連結損益計算書
解答
連結キャッシュ・フロー計算書
解答

解説
連結計算書類では以下が必要
・連結貸借対照表
・連結損益計算書
・連結株主資本等変動計算書
・連結注記表

9

会社法は、主に株主・債権者の保護を目的としている。

解答

10

有価証券報告書を提出している会社であっても、貸借対照表の要旨は公告しなければならない。

解答
✕ 有価証券報告書提出会社は決算公告不要
十分な情報公開がなされているため

11

決算短信は、適時な情報の開示を目的として、金融商品取引所により開示が求められている情報である。

解答

12

子会社を有するすべての株式会社は、連結計算書類を作成しなければならない。

解答
✕ 有価証券報告書提出義務のある大会社は必要
大会社:資本金5億円以上or負債200億円以上

13

会社法上の大会社は、決算公告の義務はない。

解答
✕ 有価証券報告書提出会社以外は、大会社も公告義務

14

決算短信は、金融商品取引法に定められている開示書類である。

解答
✕ 決算短信は、金融商品取引所の要請によって開示

最後に

おはようございます!

まめのめです。

ビジネス会計検定試験2級の「企業会計の制度」に関する問題を〇✕クイズにしました。

暗記にはアウトプットが大事なので、〇✕クイズは有効です!

ビジネス会計検定試験対策の他の記事は、以下のリンクからご覧いただけます。

会計制度2

ビジネス会計リンク

ここまで読んでくださりありがとうございました。

ありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました