【老いなき世界】:Youtube大学をさらに要約

中田敦彦のYoutube大学

おはようございます!

まめのめです。

「中田敦彦のYouTube大学」より【老いなき世界】をさらに要約しました。

出典

「LIFESPAN 老いなき世界」デビッド・A・シンクレア(東洋経済新報社)

人間の晩年

人類の平均寿命はぐんぐん伸びています。しかしその一方、最大寿命は延びていません。

さらに人は晩年の10数年それまでのその人とは思えないような生活になっていきます。様々な病気が発症するたびにそれを治し、治すことによって体が弱り別の病気になることの繰り返しです。人の晩年は苦痛になっていきます。

老化は「病気」

老化をするのは自然の摂理で、老化したことにより体が弱り色々な病気になっていく・・・、これが今までの一般的な考え方でした。

しかし老化について研究していくと、老化こそが「病気」であり、ガンや心臓病、糖尿病は個々の「症状」であるといえます。すなわち老化を治療すればこれらのような病気にはならないのです。

老化は治療できるもので、治療すべきものです。

老化のメカニズム

老化はどのようにして起こるでしょうか。

老化のスタートはDNAが損傷です。DNAの損傷は有害物質を吸い込んだり、紫外線を浴びたりすることで起きます。DNAが損傷すると「サーチュイン」という救助隊が出て修復のためにエネルギーを使います。このサーチュインがエネルギーを使っていると体の細胞を新しく作り替えられません。

DNAの損傷にサーチュインの修復が追い付かなくなると老化が急速に進みます。

加齢は老化の要因の1つでしかありません。老化とは生活習慣病なのです。

老化を止め、さらには「治す」

老化を止めるだけでなく、老化を「治す」ことで若返る方法があります。

破壊させずに負荷をかける

若返るためのポイントはサーチュインを鍛えることです。

修復するほどでない適度な負荷、適度なストレスが体にかかると、「サーチュインは出動したけど仕事がないから帰る」といったことが起きます。これがサーチュインのトレーニングになります。こうしてサーチュインを鍛えると若返る力が増します。

ここから若返るための具体的な行動に参ります。

老化を治す行動

食事を減らす

現代人は食事をとりすぎです。回数と量を減らしましょう。

特に、動物性タンパク質は吸収が楽すぎるため非推奨です。その中でも加工肉は保存料が多く使われているため健康に悪いことが多くの研究で証明されています。人間にとっては少し吸収するのが大変なくらいの植物性タンパク質がちょうどよいのです。

1日1食、多くて2食、量は少なめで植物性のものでタンパク質をとりましょう。

運動をする

程よく体を追い込むと体を破壊せずに負荷をかけることになります。10~15分程度のジョギングや速めのウォーキングをしましょう。

サウナ

体を寒い場所に追い込むことも免疫力の向上につながります。温寒を繰り返すことで体にちょうど良い負荷がかかります。高頻度であるほど良いです。サウナに行くことで若返りましょう。

老化を治す薬

メトホルミンとNMNという薬でも老化を治すことが図れます。

メトホルミンは処方してもらうのが困難、NMNは高額なので注意してください。

まとめ

老化を治す薬もありますが、まずやるべきは食事を減らすこと、運動、サウナでしょう。

体をちょうどよく追い込むことで若返りましょう。

補足

タバコは体を完全に破壊するものです。やめましょう。

最後に

「老化は病気だから治すことができる」という考え方は希望が持てますね。

私も「元気な100歳」を目標としているのでサウナなどチャレンジしてみようと思います!

運動と食生活にも気を付けていますが、もともとやせ型の私は運動するとエネルギー不足になり、ふらふらすることが多々あります。食事量を減らすときも必要な栄養はちゃんと摂るべきだと思います。やりすぎ注意ですね。

詳しく知りたい方は本や動画をどうぞ。

「LIFESPAN 老いなき世界」デビッド・A・シンクレア(東洋経済新報社)

最後までお読みいただきありがとうございました。
ありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました