【空腹こそ最強のクスリ】:Youtube大学をさらに要約

中田敦彦のYoutube大学

おはようございます!

まめのめです。

「中田敦彦のYouTube大学」より【空腹こそ最強のクスリ】をさらに要約しました。

出典

「空腹こそ最強のクスリ」青木厚(アスコム)

1日3食は間違い

1日3食食べると食事と食事の間は5・6時間程度になります。また、重たい食事の消化には同じく5・6時間かかります。すなわち1日3食食べると腸や肝臓は働きづめになってしまい、負担がかかります。さらには加齢とともにこの負担は重くのしかかります。

空腹時間が大切

一般的なダイエットは1日3食それぞれの量を少しずつ減らすことでした。しかし、「空腹こそ最強のクスリ」では、食べない時間=空腹時間」を作ることこそが大事であると述べています。

必要な空腹時間は16時間です。

16時間の空腹時間を作ると「オートファジー」という細胞内のタンパク質を分解して再利用する機能が働きます。古い細胞や老廃物を体からかき集めて新しい細胞を作ってくれます。老廃物を消費してエネルギーや新しい細胞を作るため、体が若返ります。

また、10時間の空腹時間で死亡の燃焼も始まります。

どうやって16時間も食べないでいるの?

16時間に睡眠時間を組み込む

16時間の空腹時間には睡眠時間を組み込むことが可能です。睡眠時間が8時間の人ならば就寝前とと起床後の計8時間食べなければいいのです。

さらに16時間の空腹時間以外の時間、8時間は何を食べても構いません。

もちろん睡眠時間を絶対に組み込む必要はありません。生活スタイルに合わせて工夫して、とにかく16時間の空腹時間を作ります。

空腹時間に「困ったらナッツ」

ナッツならいつでもいつまでも食べて構いません。空腹時間にどうしてもおなかが減ったらナッツを食べましょう。ナッツが許されている理由としては、良質な脂肪分、食物繊維、各種ビタミンをとれるスーパーフードであることや、ナッツに含まれる「不飽和脂肪酸」がオートファジーを活性化させることが挙げられます。

ただし注意として

・ナッツの量もだんだんと減らしていく方がよいです。

・素焼きのナッツにしてください。

糖がもたらす毒

依存性と中毒性

糖は脳内で快楽物質のドーパミンと脳内麻薬のβエンドルフィンを分泌させます。そのため依存性と中毒性があります。

砂糖だけでなく精製された炭水化物、白米・小麦粉・砂糖は上記のような性質を持ちます。さらにはこれらを食べると血糖値を急上昇させます。

糖がもたらす病気

脂肪肝

余分な糖質は肝臓にて中性脂肪(内臓脂肪)となります。この内臓脂肪はついているだけで体に慢性的に炎症を引き起こします。

この内臓脂肪が肝細胞の30%以上たまると脂肪肝と呼ばれ、肝硬変や肝臓がんにつながります。日本人の4人に1人がこの脂肪肝になっています。

Ⅱ型糖尿病

血糖値が慢性的に高いことにより、血糖値を下げる役割を持つ「インスリン」を受け付けない体になってしまうと、糖尿病と言われます。糖尿病は心筋梗塞や認知症、がんといった合併症のリスクがあります。日本人の6人に1人が糖尿病です。

糖質制限より空腹時間

糖質制限により糖の接種を抑えようとすると、今度は脂肪をとりすぎて上記のような病気になる可能性が高くなります。また、過剰な糖質制限は筋肉量の低下の原因にもなります。

糖質制限するよりも空腹時間を16時間キープすることが大事だと述べられています。注意として、筋肉量は減少するので日常生活の中で少し意識的に運動をしましょう。

空腹時間で遠ざけられる病気

病気になってしまってからこの方法をとると、病気を悪化させる危険性があるため非推奨です。しかし、オートファジーには病気を予防する効果があります。

がん

糖尿病や肥満などで、体にDNAを損傷させる毒性物質があるとがんになりやすいです。

16時間の空腹時間を作り、糖尿病や肥満にならないことでがん予防となります。

高血圧症

高血圧は要するに血液がドロドロだということです。そのため心臓や血管が硬く太くなり、破裂したりふさがったりする原因になります。

内臓脂肪が諸悪の根源のため16時間の空腹時間を作ることで解決につながります。

認知症

認知症の原因は数多くあるといわれています。そのうちのひとつが活性酸素です。細胞の中のミトコンドリアの質が悪くなると活性酸素を発生させます。

オートファジーによってミトコンドリアを再生させられるので、活性酸素の発生を抑えられ、認知症の予防になります。また認知症の原因である生活習慣病の抑止にもなります。

アレルギー

アレルギーは免疫力の過剰反応です。免疫力が生まれるのは腸です。腸内環境が悪化することで免疫力は過剰反応してしまうことがあります。

オートファジーで腸内の毒物を浄化することでアレルギーの予防になります。

感染症

オートファジーは細菌を分解してくれます。

老化

活性酸素で体が錆びることで老化していきます。

オートファジーでミトコンドリアを再生させることで若返りが図れます。

まとめ

人生は16時間の空腹時間を作り、困ったらナッツを食べるだけのゲームでした。オートファジーで不老の体を手に入れましょう。

補足

トークチャンネルにて「水をたくさん飲む」ことも大事だと述べられていました。実践する方は注意してください。

最後に

16時間の空腹時間は私も実践しています。

ただ、24歳のもともとやせ型の人間にはあまり適していないのではと思うことも多々あります。朝ごはんを食べないことのデメリットはありますし、エネルギーが足りていないことを感じることもしばしばあります。

誰にでも向いている方法ではないと思いますし、まだまだ研究途上の方法だとも思いますので、実践する方は無理のないようにお気をつけください。

興味を持った方は本や動画をご覧ください。

「空腹こそ最強のクスリ」青木厚(アスコム)

最後までお読みいただきありがとうございました。

ありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました