Youtube大学をさらに要約:【稼げるビジネス】

お金のお話

おはようございます!

まめのめです。

「中田敦彦のYouTube大学」より【稼げるビジネス】をさらに要約しました。

出典

「金儲けのレシピ」事業家bot(実業之日本社)

やってはいけないビジネス

ここで紹介する「やってはいけないビジネス」が必ず失敗するわけではありません。

しかし初心者が始めるにはハードルが高いことから、やってはいけないビジネスとしています。

店舗型ビジネス

固定費がかかる

店舗型ビジネスでは、毎月店舗のためのテナント料や家賃がかかります。

毎月固定費によるマイナスからのスタートなので儲かりにくいです。

上限がある

店舗でビジネスをやる以上、

時間的上限 人数的上限 個数的上限 場所的上限

この4つの上限があるため、調子が良くても青天井に儲けを伸ばすことができません。

詳しくない業種

詳しくないビジネスを憧れで始めてしまうとノウハウを得るための時間が必要です。

ノウハウを得ている間に閉店に陥る場合が多いので、詳しくない業種はやってはいけません。

儲かっているビジネスの仕組みを学ぶ

私たちがすぐに思いつくようなビジネスは誰でもすぐに思いつくビジネスであり、ハードルの高いビジネスです。

儲かっているビジネスが儲かっている理由は、以下で紹介するような儲かる「仕組み」を作っているからです。

消費者から買う

消費者はものを買う時の値段には詳しいですが、売る時の相場については詳しくありません。

自分が詳しくてほかの人が詳しくないものの情報を集めることで、高いものを安く買うことができます。

例:ブックオフ、バイク王、ガリバー、クラウドワークス、ランサーズ

お客さんが作業をする

家具組み立てや料理のように作業の人件費の高くかかるビジネスにおいて、「作業を自分ですれば安い」や「作業自体が楽しい」という見せ方で作業をお客さんにやってもらいます。

すると原料の調達に集中し、作業にかかる人件費を抑えられます。

コストのかかる工程をカットし、消費者に対してそれを新しく見せることで儲かるビジネスになっています。

例:IKEA、焼き肉屋

まとめる・切り分ける

小さい住宅が密集している地域をまとめて大きい建物を建てることで、それまで平面的にしか使えていなかった空間の上に伸びる縦の空間を利用したのが「森ビル」です。

魚は一匹丸ごと買うより切り身や寿司を買うほうが高いです。

自分の扱おうとする商品が、束ねてまとめて売るもしくは分けて売ることによって高く売れないか考えることが大事です。

例:森ビル、外国人タレント事務所、寿司屋

上限がない

ビデオオンデマンドやYoutube、クラウド上にあるソフトウェアによるサブスクリプションなどは店舗型ビジネスにあったような上限がありません。

何度も使えたり、何人でも使えるために機会損失を避けられたりによって、儲かるビジネスモデルとなっています。

例:東進ハイスクール、Youtube、SaaS

両方からお金が入る

ビズリーチは今までの転職サイトと違い、企業からだけでなく転職者からもお金を取ることで儲けています。

企業からするとお金を出してでも転職したい、やる気のある人を採用できるメリットがあります。

業界のビジネスモデルを研究して穴をおさえることで儲けることができます。

ビジネスモデルが一体何なのかということを考えてその職業を選んでいるかが重要です。

例:ビズリーチ、タクシー広告

合法的な依存性を利用する

基本的に利益率が極端に高い依存性の高いもののビジネスは国家が牛耳っています(お酒、タバコ、塩)。

一方で砂糖、小麦粉、脂肪のように合法で依存性の高いものもあります。この3つが人類は大好きです。

商売のコツは気づかないうちにこの三種を人体に入れることです。

例:クレープ、パンケーキ、ラーメン、砂糖をシャリに塗っている寿司屋

確率で盛り上げる

ギャンブル性の高いものも利益率が高く、国家が牛耳っています。

合法でギャンブル性を持たせることや、損をしたくないという気持ち(損失回避性)や自分だけ得をしたいという気持ち(射幸心)を利用することで儲かります。

例:ソーシャルゲーム、FX、保険

仕入れで工夫する

1.安く仕入れて普通の値段で売る

2.普通の値段で仕入れて高く売る

この2つで比べると1の安く仕入れて普通の値段で売ったほうが儲かります

2の高額販売は目立つため、真似されやすいです。

一方仕入れは周りから見えないため、容易に真似されません。

競合が入ってこない2の方が儲かります。

例:俺のフレンチ

勝手に権威になる

資格を作ったり、格付けをしたりすることによっても儲かります。

勝手に作った権威から派生した商品を売り出せることや、その権威によって常に高位にいられることで儲けることができます。

例:漢検、野菜ソムリエ、食べログ

まとめ

これらのビジネスモデルはすべからく世の中に価値をもたらしています。

稼ぐ力はビジネスモデルを見抜く力です。

ビジネスモデルを見抜いたうえで、やりたい仕事を語りましょう。

最後に

お金の話に興味津々の私としては面白い内容でした。

儲かっている人のビジネスモデルを見抜く力を身に着けたいと思いました。

現状私はサラリーマンで、ブログを副業としたいと思っています。ブログもYoutube同様上限のないビジネスのはずです。広告をつけるのも一苦労なので楽ではないですが、がんばっていきます!

内容について詳しく知りたい方は元の本や動画をどうぞ。

「金儲けのレシピ」事業家bot(実業之日本社)

最後までお読みいただきありがとうございました。

ありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました