生命保険は3種類!定期・養老・終身保険について

お金のお話

おはようございます!

まめのめです。

万が一の時に家族にお金を残すための生命保険。結婚を期に、子供ができたから、健康なうち・若いうちに、と契約を考える方も多いと思います。

しかし種類が多すぎてどれを契約すればいいかわからない、何ならよくわからないうちに契約させられてしまったといった悩みを多くの人が抱えているのではないでしょうか。

実は生命保険は「定期保険」、「養老保険」、「終身保険」の3つに分けることができます。この3つを組み合わせたり様々な要素を足したりすることによって大量の保険が生みだされています。

生命保険を納得して契約するために、基本の3種類を理解しておきましょう。

定期保険

いわゆる掛け捨て保険です。

満期(60歳や65歳といった設定年)に保険料の支払いも、保険金の受取可能性もなくなります。また、満期の受取金もありません。解約時に返ってくるお金(解約返戻金)もないか、あっても少額です。

ほかの2種類に比べて保険金に対する保険料が安いことが特徴です。

養老保険

いわゆる積立型の保険です。

満期になると保険料の支払いが終わり、保険金の受取可能性もなくなります。しかし、定期保険と違い満期になるとお金がもらえます。また、解約時にも解約返戻金があります(それまでに支払った金額の合計よりは基本的に少ない)。

基本的には

死亡時の保険金=満期の受取額=払込保険料の合計額

となっています。これに、受け取り方を年金のように毎月いくらとしたり、積み立てたお金をドル建てにしてみたりといろんなものが組み合わされていきます。

定期保険に比べ保険料が高いですが、満期でお金を受け取った時に合計の収支が定期保険より良い可能性があります(満期の受取金額=払込保険料の合計額であれば0円で保険に入っていた、と言うこともできますね)。

終身保険

亡くなるまで保険金がかかり続けます。また、積立型の保険の1つともいわれます。

満期になると保険料の支払いが終わりますが、保険金は何歳で死亡してももらえます。解約時にも解約返戻金があり(それまでに支払った金額の合計よりは基本的に少ない)、その一部受け取りも可能です。

定期保険よりも保険料が高いのは養老保険と同様ですが、亡くなるまで保険がかかり続けることが特徴です。

補足:保険料と保険金

保険料:毎月や毎年、お客さんが保険会社に支払うお金

保険金:死亡時などにお客さんが保険会社から受け取るお金

保険金の金額によって保険料も決まります。

まとめ

定期保険:払うだけの単純な保険。安い。

養老保険:満期になるとお金がもらえる。

終身保険:死ぬまで保険がかかり続ける。

生命保険はすべてこの3つがベースになっています。契約を考えるときはこれらがどう組み合わされているのか、どんなオプションが付け加えられているのかという目線で見ると理解しやすいと思います。

最後に

毎月の出費の中でも保険は大きな割合を占めると思います。

しっかり内容を理解して、納得して契約しましょう!

最後までお読みいただきありがとうございました。

ありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました