【5G】Youtube大学をさらに要約

中田敦彦のYoutube大学

 

おはようございます!

まめのめです。

「中田敦彦のYoutube大学」より【5G】をさらに要約します。

出典

「5Gビジネス」亀井卓也著(日本経済新聞出版社)

5Gとは?

5Generation

5Gは「5Generation」のことです。つまり第5世代という意味です。ここまでの世代は次のように分けられています。

1980 1G 携帯電話
1990’s 2G メール
2001 3G iモード・ezweb
2012 4G 動画・スマホゲーム
2020 5G 1.高速大容量通信

2.超信頼・低遅延

3.多数同時接続

高速大容量通信

すごく速く、すごくでかい量がやり取りできます。

超信頼・低遅延

5Gの遅れは人間には感知できないレベルになっています。

多数同時接続

今までより多くの人が同時に接続可能です。

今までと違う技術革新

かつての進歩はそれまでできなかった壁を技術革新で突破してきました。しかし4Gの時代の人々はすでに一定程度の満足を獲得しています。それゆえに5Gで大事なのは見えない需要、顕在化していない不満を発見することです。

B2B2X

いままでの仕事はB2C(Business to Customer:企業と一般消費者の取引)やB2B(Business to Business)でした。それが5Gによって今後の社会ではIoTが発達し、B2B2BやB2B2Cになります。今までのB2BやB2Cにインターネットがプラスされるということです。

例としてはSaaS(Software as a Service)やMaas(Mobility as a Service)です。SaaSは今まで売っていたソフトを売ること、MaaSは乗り物そのものでなくネットを通じて乗り物を使うサービスを提供することです。このようにインターネットの中でモノやサービスを提供する未来が来るのです。

具体的な未来

動画

通信制限なんてありません。長い動画でも高画質で何本でも見ることができます。さらには2時間の動画でも3秒でダウンロードできるようになるでしょう。

VR/AR

ライブやスポーツの見方が変わります。何人でも遠隔でもマルチアングルで同時に楽しめるようになります。

ゲーム

超低遅延で大人数で大容量のゲームができます。さらにはクラウド上にゲームがおかれるのでいつでもすぐアクセスできます。

自動運転

自動運転は5つのレベルに分かれます。

レベル0 手動
レベル1 アクセルとブレーキORハンドルのサポート
レベル2 アクセルとブレーキ&ハンドルのサポート
レベル3 イレギュラー時は人が対応
レベル4 限られた範囲内で完全自動
レベル5 国内で完全に自動運転

超低遅延で事故が起こらないことは自動運転にとっても大事です。

医療

遠隔で高画質で患者を診ることができます。さらに医療も超低遅延であれば事故なく手術が可能です。

商品購入

もうお会計はゲートを通るだけになるでしょう。

さらなる未来

スマホが消える?

スマホの進化は鈍化しています。今後の未来としてウェアラブル端末が普及することや、スマホを持たずに街のあらゆるところからネットにアクセスできる時代になることが想像できます。

5Gのリスク

プライバシー

受信だけでなく発信も今まで以上に行われます。サービスを使う時に、提供している企業がちゃんと対策をしているかはチェックすべきです。

スコアリング

リコメンドがより進化し、各個人の情報からそれぞれの人に点数がつけられる可能性があります。スコアリング自体は社会を発展させますが、ミスが起こると取り返しがつかないことになるかもしれません。

地域格差

5Gのインフラは都市から整えられます。地域格差は広がる可能性があります。

6G

私たちの未来はすでに5Gではなく6Gです。IoTが発展すると過密になり6Gが必要となるでしょう。

まとめ

次の時代を想像してみましょう。その時代で何ができるかを考えていきましょう。

最後に

この動画が上がったのは2019年です。現在2021年ではすでに日本でも5Gが導入されています。私もスマホを変えるときに5Gという選択肢がありましたが、5G対応の端末があまりにも高価だったので諦めました(4Gと同じプラン料金という売り方をされていました)。まだ5Gが個人の生活に浸透するには時間がかかりそうです。そう考えると動画を見て知ってからでもいくらでも時代に乗っていける余裕があるとも考えられますね。

詳しく知りたい方は本や動画をどうぞ。

「5Gビジネス」亀井卓也著(日本経済新聞出版社)

最後までお読みいただきありがとうございました。

ありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました